お知らせ

2016年3月29日風しん抗体検査の無料実施とワクチン接種費用の一部助成が実施されます
川崎市民で、風しんにかかったことがなく、以下のいずれかに該当する方は無料で風しんの抗体検査を受けることができます。
さらに、抗体価の低い対象者はワクチン接種費用の一部助成が受けられます。自己負担額は3200円です。
年齢制限はありません。
1.妊娠を希望する女性
2.妊娠を希望する女性のパートナー
3.妊婦のパートナー

原則として風しんにかかったことのある方、風しんワクチンの予防接種又は平成26・27年度実施の風しん抗体検査を受けたことがある方は対象にはなりません。

詳細は川崎市のホームページをご覧ください。

実施期間は平成28年4月1日から平成29年3月31日までとなっておりますので希望される方は期間内に検査を受けるようにしてください。
2016年3月24日麻しん・風しんワクチン(MRワクチン)任意予防接種のお知らせ
平成28年度からMRワクチン1期又は2期の対象年齢の間に受けることのできなかった子供たちに対し、任意接種費用助成制度が開始されます。
【対象者】
1期:2歳以上、3歳未満の間にある小児
2期:小学校1年生に該当する小児

【実施回数】1回

【注意事項】
必ず事前に保護者による手続きが必要になります。
希望される保護者は以下の担当まで連絡をしてください。
窓口:川崎市健康福祉局保健所予防接種担当
電話番号:044-200-2440

【健康被害救済】
この制度の下でのMRワクチン接種により健康被害を受けた場合は、定期接種期間と異なりPMDA法に基づく医薬品副作用被害救済制度の対象となります。

不明な点等ございましたら受付にご相談ください。
2016年2月1日電話予約番号が変わりました
予約用の電話番号が変わりました。
新しい電話番号は050-5840-3201です。
PCや携帯からの予約方法は従来通りです。

電話予約のご利用方法についてはこちら(PDF)をご覧ください。
2016年1月12日定期予防接種打ち忘れに注意!
定期接種になっている予防接種の中には年齢制限があるものが少なくありません。
特にMRワクチン(麻しん・風しん混合)の2期は年長児の間に接種することになっていますので
対象になっている方は忘れずに年度末(3月31日)までに受けるようにしてください。
BCGや水痘ワクチンも公費で接種できる期限が短いワクチンですので打ち忘れに注意してください。
2015年12月7日「視力スクリーニング検査」機器を導入しました
視力低下や屈折異常、斜視が疑われる患者さんの視力検査を行います。
詳しくは乳幼児健診のページをご覧ください。
2015年12月3日海外旅行、海外赴任に伴う健康リスクと予防接種
冬休みや夏休みを利用して海外旅行に出かけるご家族も少なくないと思います。短期間であっても発展途上国に出かける場合や長期間滞在(海外赴任や留学など)する場合などは以下のサイト等を利用して現地の医療事情やかかりやすい病気、流行している病気等、実際の生活で気をつける情報などを事前にチェックしておきましょう。
海外で病気になった場合、健康保険が利用できずに支払う医療費が高額になったりしますので現地の医療事情にあった医療保険の準備をしておきましょう。また、現地では日本とおなじ医薬品が入手できるとは限りませんので使い慣れた医薬品がある方は、衛生用品も含めて海外に携帯するとよいと思います。

渡航先によっては受けた方がよい、または受けなければならない予防接種が日本とは違ってきますので時間的な余裕を持って相談するようにしてください。

外務省海外安全相談センター(ホームページ)
厚生労働省検疫所
2015年11月11日ホームページをリニューアルしました
ホームページをリニューアルしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2014年8月1日夏こそワクチンを受けましょう
夏休み中に予防接種を受けましょう。
小学生や中学生の皆さんは日ごろ学校や部活動、塾通いで忙しく、なかなか時間が取れないため、ついつい予防接種を受けそびれている場合が少なくありません。
比較的時間がとりやすい夏休みは勉強の後れを取り戻すだけでなく予防接種の受け忘れを挽回する良い機会です。

例えば、二種混合と日本脳炎の同時接種や他の予防接種との同時接種も可能です。

夏季は感染症が減り、外来が比較的空いてくる時期ですので、あまり待ち時間を心配しないで受けることできます。夏こそ積極的に予防接種を受けましょう。